23,9%

23,9%
 
この数字は中野区役所職員の中野区居住率です。(平成18年4月の資料より)
 
中野区のために仕事をしている職員の中で、実際に中野区内で生活し、自分の子供を中野区の保育園や幼稚園、公立学校に通わせなければならない人は全体の4分の1しかいないということです。
 
皆さんはこの数字を見てどう思いますか?
 
私は、自分が実際に住んでいない街の問題を実感することは、なかなか難しいのではないかと思っています。だからこそ実際に街で生活している私たち住民がもっと行政に対して声をあげていかなければならないし、行政側も住民の声、現場の声をもっと真摯に吸い上げ、各施策に取り入れていく努力をしていくべきなのではと考えています。
 
しかし、これまでさまざまな役所主催の意見交換会や区民説明会に出席してみましたが、はっきり言って「はじめに結論ありき」の住民たちのガス抜きの場としてしか機能していないように感じました。
 
もちろん、中野区外に住んでいても、街の問題に真剣に取り組んでいらっしゃる職員の方は多いと思いますが。。。。