泣きました、そして改めて考えました

昨日、以前お世話になっていた会社の方にお誘いを受け、神風特攻隊をテーマにした舞台、「飛行機雲」を観劇いたしました。歌ありダンスあり、本格的格闘シーンもありの迫力あふれる展開の中、個々の俳優さんたちの魅力も十二分に発揮された素晴らしい舞台でした。
舞台を見ながら何度も泣きました。
戦争の是非は抜きにして、私たち今の日本人が失ってしまったさまざまな「心」をこの舞台は思い出させてくれました。
「戦争」や「平和」について議論する前に祖国や国民を守るために亡くなっていった方々とその周りの人たちが何を想い、どう生きたのか、そしてなぜこの戦争が起こってしまったのか、そのことを私たち日本人はもっと知る必要があるのではないかと強く感じました。学校教育の中でこういったことももっときっちり教えていくべきなのではないでしょうか。たとえばこういう舞台を子供たちが観れば、戦争の是非だけでなく、命の尊さ、家族愛、そして愛国心とは、など大切なことをたくさん考えるきっかけなるのではと思います。