ご質問にお答えします。

先の定例会終了後、
「あなた質問したのにどうしてテレビに映ってないの?」
と何度となく聞かれました。(定例会毎に各議員が本会議で一般質問する姿が中野ケーブルテレビで放送されています)
以前、ちょっとだけブログでも触れたのですが、現在、中野区議会では無所属議員にテレビの放映枠は与えられていません。
なぜかと言えば、そもそも放映枠とは「会派」に与えられるもので、議員個人に与えられるものではないからだそうです。6人の無所属議員はそれぞれ独自の名称をつけた一人会派(私の場合は一粒会)を立ち上げていますが、中野では3人以上所属していないと「会派」と認められないため、一人会派は個人と同様に扱われてしまうわけです。
またこれまでは、定例会ごとに発行される区議会だよりの各議員の掲載スペースは質問時間の長短にかかわらず平等でしたが、今後は質問時間に比例して配分しようという動きが出ているようです。そうなると一人15分しか時間が与えられない無所属議員のスペースは相当ちっちゃくなってしまうかもしれません。
無所属議員は議会のルールを決める会議に参加できませんので、今後どうなっていくのかははっきりとはわかりませんが、ありがたいことに他の会派の方々から無所属議員の扱いはこのままでいいのか、というご意見もちらほら出てきているようですので期待して成り行きを見守りたいと思っています。

次の記事

表参道ヒルズ初体験