23区の議員格差

他区の議員さんたちと話していると、区によって議員の待遇が結構違うことがわかります。
(ちなみに23区の区職員さんたちの給与は特別区人事委員会の勧告によってほぼ横並びです)
→http://www.tokyo23city.or.jp/kyuyo_index.htm
細かいことですが、たとえば23区の議員が勢ぞろいする「東京都河川大会」の際、中野区の議員は「自費」で昼食を取りますが、他区では当然のごとく出席議員全員にお弁当が支給されていたりします。
また、中野区では役所内で仕事用のコピーを取るとき、コピー代の負担はもちろんですが、用紙も自分で買い、毎回使う分だけ持っていってセットしなければなりません。民間企業でコピー用紙を自分で用意して毎回それを使うなんてところ、ありませんよね??
何かと批判の多い政務調査費ですが、私はたとえばこういう用途に使わせていただいています。
(ちなみに他区では紙代はもちろんコピー代もタダというところも結構あるようです、中野では事務局のファックスも借りられませんが、他区でそういうところはあまりないようです)
こういった細かいことは当然掲載されておりませんが(笑)23区の行財政関係の数字をまとめた特別区の統計決算カードは各区の状況を容易に比較検討できるので大変役立ちます。
中野区って他区と比べて財政状況はいいの悪いの??交通事故や火事の件数は多いの少ないの?? こんなことを調べてみたいと思った方は是非上記のサイトを覗いてみてください。
最新の資料から議会関係をざっと見てみましたが、23区で中野区が見事ナンバーワンだったのは
「請願・陳情」の受理件数

ほかの22区が軒並み二桁の数字なのに対し、唯一中野区だけが三桁の148件/年!
(千代田区なんてゼロ件です)
あとは。。。
「議員報酬(月額)の安さ」

も見事23区ナンバーワン! 決算カードを見て初めてわかりました^^; でも今現在、中野が23区で一番財政状況が悪い、っていうわけでもないんですけどね。。。

前の記事

いかんいかん