大丈夫ですか!?

近所の東中野小学校と中野昭和小学校が来年統合される予定になっています。
そして現在、新しい通学路の安全対策に関する議論が大詰めを迎えています。
一ヶ所、通学路の中で特に危険だと不安視されていた箇所に、区が早速ガードレールを設置してくれたのはいいのですが、設置直後に車がぶつかるという何とも皮肉な事件が起こってしまいました。
2008_0525ZEROキッズ0069.JPG 斜めに曲がってしまいました
現場のすぐ近くに葬儀場があるのですが、そこに向かうバスが左折しようとしてぶつかってしまったということです。
このガードレールの内側の狭い歩道を子供たちが歩いて通学します。写真でトラックが塞いでいる横断歩道は今回通学路から外した、ということで子供たちが渡ることはないとの説明を受けましたが、やはり心配です。
実はガードレールの目の前に「交番」があるのですが、無人のことが多いんですね。
ドライバーは制服姿の警官の存在に非常に敏感です。同じ個所の追突事故は以前から少なからず起こっているようですし、せめて朝の通学時間(1時間くらい?)の間だけでも必ず警察官の方に交番の外(交差点の角)に立って監視してもらうようにすればずいぶん違うのではと思うのですが。。。

前の記事

地方議員の日常