一般質問終了しました。

6月4日から平成20年度第二回定例会が始まりました。
TS3G0025.JPG 新しい告知ポスター。ご覧になりましたか??
今回から、告知ポスターのデザインがリニューアルされました!
(以前は帽子をかぶった女の子のイラストものだったのですが、議会予算削減のあおりを受けて手づくりのものに変更されました。)
でも以前のものより、すっきりしたデザインで逆によくなったんじゃないかなあと個人的には思っています。皆さんのご感想はいかがでしょうか?(え、平日は仕事で忙しくて告知されたって傍聴になんか行けないし、区議会のポスターなんて意識して見たことないよ!ですって??)
ちなみにポスターのアジサイの写真は区の職員の方の作品です。季節に合わせて変えていく予定だそうです。
さて、表題の件ですが、私の一般質問は6日になんとか終了しました。

今回の質問は、
1.学校教育の充実について
2.粗大ゴミの出し方について
でした。1.では
・区の学校教育をもっと充実させ、質を高めていくことで、新しい区民層を呼び込み、出ていく人を減らし、区の子供の減少に歯止めをかけられるのではないか。以前からもっとそこに力を入れていれば再編計画で統廃合される学校数ももう少し少なくなる可能性もあったのではないか。
・地域の横のつながりをうむ「核」となる公立校の信頼を取り戻し、そこに通う子供を増やすことで地域の防犯防災体制の強化、活性化にもつながり、結果的に保護者と生徒児童のみならず、区民全体にとっても大きなメリットがあるのではないか。
また、その方法のひとつとして学校の教職員の質を上げていくことの必要性とその方策について区長と教育長に問いました。
ご存じの方も多いかもしれませんが、区立小中学校の教職員は中野区の職員ではなく、東京都の職員です。
人事権も東京都にあり、採用も都の教育委員会が一括で行っています。区立小中学校の教職員は「都」が学校の規模に応じて決めた人数を「区」に派遣する、というかたちです。もちろん各校の校長先生にも人事権はありません。そんな中で「区」で教職員の質の向上を、といってもなかなか難しいのが現状ですが、それでも各区市町村はできる範囲でそれぞれ工夫をこらしています。
たとえば全国的に有名となった杉並区の和田中学校の元校長先生は民間出身ですが、校長の民間人起用は区の裁量でできることです。(中野区ではその予定はないようですが)
公立校の先生に関しては今でも保護者たちの間で、いい先生に あたってよかった」 
みたいな言い方が公然とされています。その「当たりはずれ」のリスクを極力避けたい、ということで私立校を選ぶ保護者も多くいらっしゃるようです。でもそれでいいんでしょうか??
公立校だから先生の「当たりはずれ」があってもしょうがない、みたいなことを認めるわけにはいきません。学校は学力をつける場というだけでなく、子供たちの人間形成の大事な場でもあります。そんな大事な時期に大きな影響を及ぼす学校の先生に「はずれ」などあっていいはずはない、そういう想いで質問に立ちました。
2.は以前ブログでも書きました粗大ゴミのプライバシーの問題について。
今、区に粗大ゴミを出す場合には指定の料金シールに氏名を書いて貼って出さなければなりません。またマンションの場合は部屋番号まで書くように言われます。でもこれだけプライバシーとか個人情報保護とか言われている今、こういうやり方は思い切り時代に逆行していますし、防犯上の面でも問題があります(特に一人暮らしの女性にとって、不特定多数の人に見られる可能性のある大きなゴミに個人情報を書くことは危険極まりないと思います)

それを踏まえて、不足なく料金シールを貼っていれば個人情報の明記は必要ないのではないか、氏名の代わりに申込時の受付番号を書くことはできないのかと尋ねました。
結論としては、それでOKとしてくれるそうで区報やホームページでも今後周知していく、との答えをいただくことができました。
実は今現在でも氏名を書きたくないと申し出があった場合には無理に書かなくてもよいとしているそうなんですが、それならやはり最初から申込時に伝えてほしいです!知らぬがゆえに、いやいやながら黙って書いている私のような区民もほかに大勢いらっしゃるかもしれませんし。