明日、質問に立ちます

現在、平成20年度第三回定例会の真っ最中です。
いよいよ明日の決算特別委員会で初めて総括質疑なるものをします。
決算特別委員会とは、19年度分の区の予算がどのように使われたのか、その使い方に問題はなかったのか、区議会議員全員と管理職以上の行政職員が一同に会し、決算書をたたき台に質疑応答を繰り返しながらチェックしていく場であり、この一年の中野区政の総決算の場とも言えます。そしてそこで議員が行う質問のことを「総括質疑」と呼んでいます。
質問一回答弁一回で終わりの一般質問と違い、総括質疑では一問一答形式で進んでいきます。言いっぱなし(?)の一般質問と異なり、総括質疑は相手の答弁を切り返しながらさらに質問を進めていかなければなりません。議員全員と大勢の職員の注目を一身に浴びながらの質疑は正直、かなりのプレッシャーです ^^; 
ちなみに私の今回の質問内容は、「家庭ごみの有料化について」と「中野区職員互助組合への区の補助金について」です。
TS3G0036.JPG
さて、この写真は、JR東中野駅近くのゴミ集積所の写真。分別も何もめちゃくちゃです。ちなみに撮影時間は日曜日のお昼頃。もちろんゴミの収集日ではありません。
この集積所はいつもこんな感じで夏場はにおって大変です。近くを通りたくなくても駅に行くにはこの細い道を通るしかなく、毎回本当に気分が悪くなってしまいます。→ 半年後にこの集積所は閉鎖されました。

区内のあちこちでこういった風景が見られます。家庭ごみ有料化の議論はまずこういった状況を一掃してからするべきだと思っています。