大縄跳びはキツかった

 昨日は、第十中学校の校庭をお借りして、「東部地区」に所属する14町会対抗の地域運動会が盛大にとり行われました。私も玉入れや大縄跳びに参加☆ 童心に帰って楽しい一日を過ごさせていただきました。
 まあこの齢になって「玉入れ」なんてなかなか体験できるものじゃありません。ホント無心になって楽しめますので、運動会をやっている町会にお住まいの方、是非是非一度参加してみることをおススメいたします!特に若い方!どこの町会でも若手の参加者は喉から手がでるくらい欲しい状況ですので、大歓迎間違いなしですよ~

2008_1027駅頭0007.JPG 町会対抗リレー

 
 もう一つ嬉しいことに、今年は現在私が住んでいる「上ノ原自治会」が優勝!人数はぎりぎりだったものの、パパ、ママ、子供たちの息のあったチームワークで見事栄冠をゲットです。  
 ちなみに普段は冷静沈着な町会長さんが、「このままいくと上ノ原が優勝するかも??」という情報とともに白テント下の役員席から応援席の方に移動し、熱い視線をじっとグラウンドに注がれていたのがとても印象的でした。「会長のためにも絶対勝ちたい!」と思ったのはきっと私だけではないはず(!?)
  
 とにもかくにも各町会の参加者の皆様本当にお疲れ様でした、そしてお弁当やお茶やジュースその他をご用意してくださった町会役員の皆様、会場の設営や運営にご協力してくださった、中学校の教職員の皆様、区職員の皆様、赤十字の皆様、そのほかの関係者の皆様、本当にありがとうございました
m(__)m 来年またグラウンドでお会いできますように!!