超党派で勉強会

昨日は、元鎌倉市や国分寺市の行政職員として当時「画期的」と言われた「まちづくり条例」の制定に携わり、現在はその分野のプロとして講演やシンポジウムに全国から引っ張りだこの 松本昭さんに中野までお越しいただき、無所属議員を中心とした超党派による勉強会の第二回目を開催しました。
緑が少なく住宅が密集している中野区においては、街の秩序や景観を守りながら、安全安心で快適な生活環境を維持するためのまちづくりにもっと力を入れていくべきだと思います。が、そのための制度設計は他の自治体に比べてまだまだ遅れている、と言わざるをえません。
「法律に違反していないから」という論理で周辺住民が泣きを見てしまうような、開発や建築行為に歯止めをかけていくにはどうしたらよいか。今後しっかり勉強して議会でも積極的に発言していきたいと思っています。