選挙が終わりました

中野区(東京7区)の開票結果です。
投票率 → 63,92% (前回 63,8%)
ながつま昭(民主党) 100,882票(東京7区全体 167,905票)
→ 当選
松本文明 (自民党)  49,721票 (7区全体 79,686票)
太田のりおき(共産党) 15,065票 (7区全体 24,103票)
だいもんかずや     1,443票 (7区全体 2,401票)

ちなみに前回は、
松本文明(自民党) 79,026票 (7区全体 131,464票) → 当選
ながつま昭(民主党) 69,367票(7区全体 113,221票) → 比例復活当選
太田のりおき(共産党) 15,329票(7区全体 24,110票) 
という結果でした。
さて、自民党でも民主党でもない無所属の私ですが、選挙前に大変気になったニュースがひとつ。
それは、
鹿児島4区の民主党新人候補(今回、比例で当選)が8月8日に開催した集会にて、2枚の国旗を切りばりし、上下につなぎ合わせてつくった党旗が掲揚された
という報道です。
ちなみにここには小沢一郎代表代行も出席していました。この行為は支援者が勝手にやったことで出席者たちは誰も気がつかなかった、というのが関係者の言い分です。
今年3月の本会議で「中野区議会の本会議場に国旗の掲揚を求める」という区民の方からの請願に対し賛成討論をさせていただいた私としては、これを読んだとき正直唖然としました。
今後「日本の」責任与党として政権を担っていかれる民主党には、法律で定められた自国の国旗や国歌を尊重するという当たり前のことを当たり前にしっかりやっていただきたい、心からそう願っています。

前の記事

藤巻さんは熱かった