例えば、街を歩いてみてわかること。

今日は朝からボランティア活動に参加。その名も
「道のゴミ無くし隊」
区内の歩道を約4キロ、ゴミを拾いながら歩きました。
私は街の環境美化は街のイメージアップにも直結する、と考えており、議員になった当初からこの問題を議会で取り上げるだけでなく、可能な限り、今回のような清掃ボランティア活動に参加するようにしています。
今回、特に気になったのは、放置自転車ならぬ放棄自転車(!?)の多さ。
100626_0937~01.jpg
そのような自転車は上の写真のように、見事ゴミ箱化(?)してしまい、衛生上も問題があるだけでなく、行政や住民の目が行き届いていない、他人の行動に無関心な街だ、ということを自ら証明してしまっているようなもので、防犯上も非常によろしくありません。
このような自転車(バイク)を発見しても、本当に持ち主が現れないかどうか、行政側は撤去するまで一カ月くらい様子を見るようですが、中には明らかに一か月以上放置されているようなボロボロの自転車も何台もありました。
行政と住民が連携を取り、早急に改善していくべき問題だと思います。