鯉のぼりが中野の空を舞う

私のような仕事をしていると、家を一歩出ればそこは「職場」。
朝も昼も晩も関係ありません。
曜日感覚もなくなってきて、土日祝日、連休が「休日」であるという概念を失います。
「ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか」とメディアで言っているのを聞いて、ああ世間ではそうなのか、と気がつく感じです(笑)
もちろんこの時期、働いているのは私だけではありません。
例えば先月29日(昭和の日)に東中野小学校跡地で開催された
「東中野鯉のぼりまつり」
IMG_0025.JPG
日本の伝統文化を継承し、地域の輪を拡げていこうとの思いから、周辺町会や商店街の方々を中心に実行委員会がつくられ、今年で6回目の開催となったそうです。寄付などによって集められた50匹以上の鯉のぼりが、都心の空を舞う光景は圧巻でした。
今年は天候にも恵まれ、例年より多い1000人を超える方々が来場されたそうです。私も会場でこういうイベントに来たのは初めてだという方に複数お会いしました。地域の皆様のためにと苦労をいとわず準備された実行委員会の方々や区の職員さんを含む、運営ボランティアの方々等、関係者の皆様の努力と熱意に本当に頭が下がる想いがいたしました。