肩こり、腰痛、疲労回復には健康保険は使えません

現在、予算議会の最中です。
今回は中野区の産業振興策についてと、柔道整復、はり・きゅう、あんまマッサージ療養費について質問いたしました。
柔道整復って何ですか??と思う方も多いかもしれません。
これは整骨院や接骨院等で柔道整復師(国家資格)という方々が行う施術のことです。
健康保険法という法律において、健康保険は厚生労働省の指定を受けた保険医療機関である病院や診療所でけがや病気の治療を受けたり、入院したりした場合に適用され、加入者に医療費が給付されることになっています。(3割負担の方は残りの7割を健康保険から給付されているということになります。)この法律に基づけば、保険医療機関ではなく、医療ではない、医療類似行為というものが行われている整骨院や接骨院、鍼灸院等々では基本的に健康保険は使えないということになります。
しかし現実的にはこれらの施設で健康保険が適用された施術が行われています。例えば整骨院や接骨院で保険の対象となるのは「骨折、脱臼、打撲、捻挫」の施術を受けた場合であり、骨折や脱臼の場合は医師の同意を得る必要があります。

逆に言いますと、それ以外の施術に関しては保険の対象とならず全額自己負担になるということです。
具体的には肩こり、腰痛、スポーツ後の筋肉疲労、内臓の病気からくる痛み、疲労回復や慰安、疾病予防を目的としたマッサージ等には健康保険は使えません。そもそもマッサージで保険請求できるのはあんまマッサージ指圧師(国家資格)のみです。
もし単なる肩こりや腰痛でも保険が使えますよ、と言っている整骨院や接骨院、鍼灸院があればそこは違法です。
同じように鍼や灸で健康保険が使えるのは神経痛やリウマチなど慢性的な疾患(医師の同意書or診断書が3か月ごとに必要)であんまマッサージの場合は筋麻痺や関節拘縮(脳血管障害等による半身まひ等)等となります。
特に柔道整復に関しては特別に「受領委任払い制度」というものが認められており、保険対象の施術については保険医療機関と同様に利用者が3割とか1割の自己負担額のみで施術を受けることができます。しかしこれを悪用して症状を改ざんしたり施術部位を水増ししたりして保険請求する整骨院や接骨院が後を絶たず、国の方でも不正防止のための制度改正がこれまでなされてきました。もし整骨院や接骨院を利用して委任状にサインを求められた場合は、施術内容を確認し領収書をきちんともらうようにしていただきたいと思います。
ちなみに整骨院や接骨院の壁やチラシに施術内容が書かれているのは違法です。これは保健所の管轄であり違反があればきちんと指導しているとの答えでしたが果たしてできているのでしょうか(*_*)
中野区の国民健康保険、75歳以上の方が加入する後期高齢者医療保険の医療費の5年間の伸びをみてみますと、医療費全体の伸びより、この3つの療養費の伸びが非常に大きくなっています。肩こりや腰痛に健康保険が使えないことを知らずに利用されている方もいらっしゃるようですので区として広報の仕方を見直し、周知徹底していくべきではないかと問いました。利用者の皆様も健康保険が何につかえて何につかえないのかこれを機会に知っていただき、健全な保険制度の運営にご協力いただければ幸いです。