台北駐日経済文化代表処を初訪問

超党派で初結成された「日華友好促進中野区議会議員連盟」の一員として、白金にある「台北駐日経済文化代表処*」を表敬訪問してまいりました。
(*台北駐日経済文化代表処とは。。。台北駐日経済文化代表処は、中華民国(台湾)の日本における 外交の窓口機関です。民間の機構ではありますが、実質的には大使館や領事館の役割を果たしています。国際情勢の変動から1972年9月29日、日本と中華人民共和国が国交を 成立させたことに伴い、中華民国(台湾)と日本の国交が断絶しました。 しかし、中華民国(台湾)と日本の関係は深く、貿易、経済、 技術、文化などの交流面で今まで通りの関係を保ちつづけるための実務機関 として同年12月、中華民国(台湾)側に「亜東関係協会」、日本側に 「財団法人交流協会」を設立しました。そして、亜東関係協会と交流協会は、 相互に在外事務所を設置する取り決めに調印しました。 この取り決めに基づいて中華民国(台湾)と日本の両国は、 お互いにそれぞれの権益を保護し、ビザ発給をはじめ貿易推進、学術・ 文化・スポーツ交流などの業務を行い、今まで通りの両国の深い関係を 維持しています。  公式ホームページより)
近年増え続けている訪日外国人のうち一番多いのは台湾人で、8人に1人は訪日経験があり、今後5人に1人くらいになるのではと言われています。東日本大震災の時の台湾から日本への義援金は200億円を超え、世界一でした。
政務部の部長さんと主席課長さんとの懇談の場で「日本は電気製品を筆頭に多機能かつ高価なモノづくりにこだわるところがあるが、これから消費が伸びてくる新興国ではシンプルかつ安価な商品が求められている」と言われ、なるほどな、と納得。
親日的な方が多い台湾との交流をもっと大切に、お互いの発展に繋げていきたいな、と改めて感じました。