衆議院選挙が終わりました

都民ファーストの会所属の地方議員の一人として、会が政策協定を結んだ希望の党を応援した衆議院選挙が終了いたしました。

無所属議員の時は、自分の意志で自分の応援したい候補のお手伝いに行ったことはありましたが、今回のように政党組織の一員として国政選挙に連日連夜関わったのは初めてで、今回の選挙戦を通じて色々な体験をし、色々な想いを抱きました。

選挙を通じて改めて感じたのは、国会議員も地方議員同様、日頃の地元での地道な活動が大切だということ、選挙を支える地方議員や組織がしっかりしている自民党はやはり底力がある、ということ。

まだまだ中央集権体制が強い日本では、国が変わらなければ地方自治体もなかなか変わりません。そういう意味では地域政党である都民ファーストの会が国政選挙に関わり特定の候補を応援することは何ら不思議なことではありませんし、地元から積極的に国会議員を擁立し、国との連携を図りながら地域の発展と住民福祉の向上を推し進めていくべきなのでしょう。

ただその時に、地方議員の声はどうもないがしろにされがちです。選挙の時はもちろん、政党政治を行うのであれば本部や所属の国会議員は日頃から現場の声、地域の代表である地方議員の声も大切に党の運営や活動をしていただきたいなと思います。

大きな二つの選挙がようやく終わりましたので、私も自分の本分である中野区議の仕事に再びまい進してまいります。